FC2ブログ

「コケ通」 自然卵養鶏 平岡農園 <きまぐれコケコッコ通信>  

餌は道産小麦を中心に自家配合。着色料などの添加物、抗生物質やホルモン剤など薬剤不使用。安心と安全を積み重ねます。

2019年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

宇宙。

かぼちゃのサイレージづくり。

スコップで割る~機械に投入。
かぼちゃ サイレージ
ひたすら繰り返す。

既に2本を食わしました。
かぼちゃ サイレージ
自家配合飼料の仕込み時に混ぜて与えます。

あと1時間欲しい。
かぼちゃ サイレージ
冬が近づくほどにキモチと仕事は乖離します。


トリちゃんの冬のご馳走。

かぼちゃの収穫を始めたのは10月の初めごろ。
かぼちゃ
今年は作付けを増やしました。

全てのかぼちゃを運び終わり。
かぼちゃ
いっぱい採れました!


あんなにあったかぼちゃもあと少し。
かぼちゃ サイレージ
あと少し、と思ってからが意外と長かった。

ピッタリ3本。
かぼちゃ サイレージ
終わった!

このドラム缶は宇宙だ。
かぼちゃ サイレージ
全部で28本、約5トン600キロ。
わが家の夏がスッポリと詰まりました。

冬の間も頑張って玉子を産んでくれるトリちゃんのために、
牧草や畑のものは雪の下になりますから、こうしてワタシも毎年頑張ってます。

来年の5月に草を刈り与えられる様になるまでの分です。

この中に全部。
かぼちゃ 玉子
これがわが家の自然卵養鶏。


長かったような短かったような今年の秋。
やっぱり今年も紅葉を愛でるココロの余裕はなく。

あと2回くらいは乗りたいねバイク。
暖かい日はあるかなあ。

早くしないと冬仕舞いの時に洗車が出来なくなるのよね。
洗った端から凍っちゃう。

北海道の冬のはじまり。


ひと息つこう。
チョット疲れた!

| ハタケシゴト | 06:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

約束の日。

先日やってきた10月のピヨ。

中ピヨ
ビヨビヨ~♪

こないだ貰って来た籾殻のお布団。
中ピヨ
ふわふわポカポカ。


ここに来て暖かくなってます。
朝
8月のピヨの時には連日マイナス4℃くらいで。

3月と8月の育雛はその2ヶ月後には次のピヨがやって来るので、
それまでに部屋を明け渡さなければなりません。

なので廃温に向けて徐々に外気温に慣らしていくのですが、
8月のピヨの時はヒーターのトラブルもあってそのスケジュールがすっかり狂ってしまった。


その8月のピヨ。
この場所に引越した初めての夜もマイナス4℃だった。
鶏舎 前ピヨ
そんな厳しい状況に耐えてくれた強健なヤツらです。

中々こんな育雛は無いね。


親鶏舎行きましょう。
鶏舎 朝


さっきの8月のピヨの前にあの場所に居た「5月のピヨ」
鶏舎 A1
もうピヨじゃないけどね。
ちいさい玉子をドンドン産み始めてます!


玉子の生産を続けるためには、このように定期的に新しい群を入れていきます。

鶏はずっと玉子を産み続けるわけじゃなく、
玉子は産んでくれるんですけど、産卵率が低くなったり玉子の質が下がったりして、
ある程度の期間が経ったら採卵鶏としての役目を終える事になります。

この度現役を引退するメインの群です。
鶏舎 A3
オレンジ色のネットの向こうの鶏たちもそうです。

今回お肉に成る鶏たちは特にトラブルもなく育ってきた群ですが、
集団生活に馴染まない鶏も居たり、長く飼っていると色々あるんです。

だから今ここに居るという事だけで、それはとっても天晴なコト。

中には働かない鶏もいますが・・・
そういうのは体が大きいので最後の最後にいい仕事をしてくれます。


そんな彼女たちのいのちに感謝して、
最後は美味しく大切に食べる事にしています。

今年も近いうちにスモークドチキンのご案内をスタート致します。
今回は注文数に関係なく200羽作る事にしました。

ゲランドの塩
段取りは始めています。


そのいのちを最後まで大切に扱う責任は、第一義的に私にありますので、
売れても売れなくても200羽作って、

売れなかった彼女は私が・・・。

でもさすがに200羽は食い切れないのでチョット手伝って!
どうぞよろしくお願い致します。

いっぱいおヨメに貰って下さい♪

| 農園のこと | 06:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マキシマム。

かぼちゃのサイレージ。

さーやりましょか。
カボチャ サイレージ
畑から集めてきたかぼちゃをスコップで割って機械で粉砕します。

丸ごと放り込める機械があったら楽なんですけどね~。
カボチャ サイレージ
そこは安物のキカイなので体で稼ぎます。

こんな感じ。
カボチャ サイレージ
30分1本勝負くらいです。

既に餌にも混ぜてます。
カボチャ サイレージ 餌
なんとなく黄色い感じしますでしょ。

白滝は冬へと向かってます。
秋の終わり
今年も紅葉を愛でるココロの余裕なく。

青草は終了して玉子も冬の表情に。
秋の終わり
サイレージは収穫~仕込みはそこそこ大変ですが、餌に混ぜて与えるので日々の作業は楽チンです。

デントコーンも急がないと!
デントコーン収穫
収穫期が半月以上遅れてます。

いつもの年は茎葉も丸ごと切り込んでサイレージにするのですが、今年は実だけを取ってかぼちゃと一緒に砕く事にしました。
デントコーン収穫
1時間やってこんなもん。

実はバンバン入ってます。
デントコーン収穫
実だけ採るならスイートコーンの方が人間も食えていいかなあ。

と、思いますがシカが全部食っちゃうかも知れませんね~。
デントコーン収穫
うちのスイートコーンは全滅してますけどデントコーン食われてないんです。

シカも美味いものは分かってるんですね。
デントコーン収穫
収穫もだいぶ進みました。

デントコーンが混ざったサイレージは真冬用、カロリーちょい足しです。
デントコーン収穫
あとスコシ。

毎朝ガリガリ君。
霜 寒い朝
ハヤクシナイト。

ドラム缶の中では発酵が始まって蓋が吹っ飛びそう。
カボチャ サイレージ
中身どんなことになってるんだろう。

まだこんなにかぼちゃ残ってるぞ!
カボチャ サイレージ
デントコーンが終わったらあとは早いと思います。

でも今年は暖かいから助かってます。
凍れないうちに何とかせねば。


役場とかの書類の年間稼働日数ってとこ、600日とか書くのはアリかなあ?

なんかお得な一年ね。

| 農園のこと | 06:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

接触。

こないだ貰ってきた籾殻。

ヒヨコ 準備 籾殻
ケートラに積んできたとは思えないボリュームですね。

籾殻はヒヨコを育てる「育雛箱」の床に最適なのでよく使われる資材です。
うちは近くで入手出来ないので昔からおがくずや、ここ数年は熊笹やヨモギを機械で細断したものを寝わらに敷いていました。

北海道はだいぶ寒くなってきました。
寒い朝 
8月は暑かったですが一転して9月は寒かった。


8月のピヨがちょっと大変な事になってしまって。

最初はコタツの下でぬくぬくとしているピヨも、ある程度成長したら育雛箱下部の板を外して外に出れるようにします。
餌箱も外に置いて、温室と運動場を行き来するうちに少しずつ外気温に慣れてもらいます。

順調に育って羽毛も生えて来てるのでもう良いな、と思っていたのですが育雛箱をオープンにして数日後、10月下旬並みの寒気が入って来て長く居座る事に。

「ちょっと寒そうかな。。。」

2台ある育雛箱のうち片方の温度が以前から低めだったので、今回コタツのヒーターを買い替えたのですがやっぱり今イチで。
補助として吊るしているヒヨコ電球2個を60wから100wに換え、もうこれ以上やりようがないという状況の中、残念な事に結構な数のヒヨコを亡くしてしまいました。

朝、育雛箱の蓋を開けるのが辛かった。


その場所で、10月のピヨの育雛準備。
ヒヨコ 準備
予熱スタートです。

床を掃除して籾殻を敷きコタツのヒーターを点けて、確認のため手をかざすとコタツが作動していない。

「なんだ?新しいのにもう壊れたのか?」

昔のヒーターは壊れなかったけど最近の家電は弱いなあ、、、
しかしもう数日でピヨがやってくるのにこれはどうしたものか。

「ひょっとして」

ヒヨコ 準備
コンセントの差す位置を変えると正常に動いてくれました。


こっちかあ。。。



スイッチ付きのコンセントの接触不良です。
前々からコタツの温度が低かったのはここの不良で点いたり消えたりしてたんでしょう。

これは盲点でした。

ヒヨコ 準備

今のコタツは殆ど光を発せず頻繁にON/OFFを繰り返して温度を一定に保つ仕組みなので、そのON/OFFが本体のサーモによるものかコンセントの不調によるものか判断出来なかった。

そもそも今のコタツは昔のものに比べて絶対的に温度は低いし。
コンセントが壊れるなんて全く想像もしなかったし。

ヒヨコ 準備
でも原因をハッキリさせることが出来て良かった。

シンプルなコンセントに買い替える事にします。
前に使ってた、不調と思って外したヒーターも普通に使えるかも。


そして今年最後のピヨがやってきました。
ヒヨコの日
ピヨは中で元気いっぱい。

冷え込みが厳しくなる中で暖房の無い広い場所へのお引っ越しに耐えてくれた8月のピヨは約100羽。
その群たちと合わせて来年の夏の主役です。

今回は1羽たりとも落とすことなく元気に育てないと。
籾殻もいっぱい貰ってきたからきっと大丈夫!


白滝は紅葉も終わりました。
ヒヨコ 準備 秋
これからドンドン冬になります北海道。

張りつめて行く空気と同様に気も引き締まります。

でも寒いなら寒いままの方がヒヨコは育てやすいんですよね~。
上がったり下がったりというのが一番ニガテ。

順調に寒くなってくれますように。

| ピヨピヨのこと | 06:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

段取りズム。

かぼちゃを砕く機械。
かぼちゃ 粉砕機
400ccのエンジン付いて送料込みで10万円という安物です。

確か2年前に導入。
当年のうちにマフラーを固定するボルトが折れました。
かぼちゃ 粉砕機
このボルトの素材が信じられないくらいに軽いんです。
プラスチックみたい。

さすがは中国製。
かぼちゃ 粉砕機
針金で縛って使ってましたが修理する事に。

エンジン側に残ったボルトもゆるゆるなので楽に取り出す事が出来ました。
かぼちゃ 粉砕機
市販のボルトで固定、これで大丈夫。

オイル交換も。
かぼちゃ 粉砕機
安物だけにちゃんと整備しないとすぐに壊れるだろう。

これで準備はオッケイ!
かぼちゃ 粉砕機
あとはひたすら砕くだけ。

一年で数日使うだけですが抜き取ったオイルには結構な量の鉄粉が見えます。
かぼちゃ 粉砕機
やっぱりマメなオイル交換は必須ですね~。

この手の機械、国産だと最低35万くらいしますけど
最終的にどっちが安いかって言うと多分国産が安いんだと思います。

でも35万かあ~(涙)


さて。
籾殻
昼めし食ったらお出掛けです。

紅葉も進んできましたね~。
籾殻 紅葉
この山綺麗。

籾殻 旭岳
旭岳も綺麗。

うちで食ってるお米の無農薬な籾殻を貰いに来ました。
籾殻
間もなくやってくるピヨちゃんのお布団とか、産卵箱の敷料にとっても重宝。

鶏も食ったりするので無農薬だと安心ですね。
籾殻
籾殻はメジャーな資材ですが、うちの辺りは稲作地帯じゃないので手に入らないんです。

これからはより良い環境でヒヨコを育てる事が出来ます!
籾殻
積み終わりました~。

籾殻
積めるだけ積んだった!

さ、帰ろ。
籾殻
積荷が崩れたらヤバイので下道トコトコです。

籾殻
満月ちょい手前かな。

無事に帰宅出来まして、チョット一服。
籾殻 ビール
紅葉の温泉でも行きたいな~。

さ、玉子拭こ。
それにしても充実の日々だ。

| 農園のこと | 05:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT