FC2ブログ

「コケ通」 自然卵養鶏 平岡農園 <きまぐれコケコッコ通信>  

餌は道産小麦を中心に自家配合。着色料などの添加物、抗生物質やホルモン剤など薬剤不使用。安心と安全を積み重ねます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リサイクル天国♪

こないだは旭川リサイクルショップ巡りを楽しんだわけでありますが、
我が家はリサイクルモノをかなり有効利用しております。

数あるリサイクル品の中でいちばん活躍しているのはこいつかな♪
値打ちモノ
キカイ屋さんに2万5千円で作ってもらったチェンソー。
作ってもらうってのは、同じ機種2~3台の使えるところを寄せ集めて1台作るってコトであります。
修理に持ってっても「もうコレの部品無いぞ」と言われます。もはや骨董品?

新品を買ったら15万くらいします。今のチェンソーはプラスティック製で軽くて使いやすいですが、この機械はアルミ鋳造品なので重いです。そのかわり頑丈です。


何度か修理してもらってプラス1万円くらいは掛かっていると思われますが、こいつ1台でうちの暖房に使う薪を切り続けて13年なのでとっても値打ちモノでございます。
新しい鶏舎を作るのにも大活躍です天晴なやつです。


しかしながら最近どうにも調子が悪くて使う度に分解整備をせねば動かないので仕事はかどりません。。。

「もう次の機械を考えた方がええかな~、でもフトコロ具合の都合もあるからこの冬はなんとか・・・」
と思って燃料タンクからエンジンまでの経路をひとつひとつチェックするためにかなりバラバラにしましたところ、意外なところに不調の原因が隠れておりました。

それにつきましては非常に専門的な記述になります故に省略いたしますが、めでたく根本治療が出来ました上に13年目にしてやっとこさこのポンコツチェンソーの仕組みと整備の手順を理解する事が出来ましたので、こいつにはまだまだこれからも頑張ってもらうことにします。

こうして自分で直すことで修理代もまた節約できます。
(シロートなので時間は掛かります)


なぜかここ数日は修理ばっかりやっております。

こないだ旭川で息子が買った中古のリールを試運転したら動きが渋くて、
「むむむ、これはひょっとしてハズレを引いたかも・・・」
でもそれで諦めてしまうのではあまりにも息子がかわいそうなので分解して整備してみました。
戦利品3

バラすのは簡単ですが組み付けはと言うと、いちいち構造を頭に刻みながらバラした筈なのに
「この部品なんや?」

ひとつ記憶するとふたつ抜けていきます。
いっぱい部品があるので記憶力の限界を超えてるんだの~。

幸い、インターネットで分解図が公開されていたのでなんとかなりました。
メーカーものでヨカッタ。
もっと精密な機械になるとシロート修理がトドメをさす事もあるので気をつけないとね。

リールの不調も、可動部分の清掃とグリスアップにて解決いたしました。めでたし。
パーツクリーナーと油脂類は常備薬です。


続きましては、お便所の臭気抜きのファン(我が家は汲み取り式なのだ!)が異音を発して喘いでいるのでこれまた分解して原因究明。それくらいの事で新品を買う事は許されません。
しかしながら初めていじくる機械は、その仕組みを知るために無駄に時間がかかってしまいます。

モーター部分まで分解して調整しましたがなんのことはない、強い冷え込みで出来た結露が大きな氷となってプロペラに触れていた事と、可動部分のグリス切れ。

やれやれ、やっと鶏舎づくりが出来ます。
と、思いきや!板を切ろうと丸ノコを構えるも今度はこいつが動かない。

調べてみると丸ノコの内部で断線。分解して結線、絶縁。


このところ、こんなんばっかりで全然仕事が進みません。
あとは壊れているワシの両腕の修理が完了したらバリバリ動けるんですけども、
こいつがいちばん直しづらいのかも知れませんです~。。。

| 雑文 | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://coke2.blog38.fc2.com/tb.php/106-323ac07f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT