FC2ブログ

「コケ通」 自然卵養鶏 平岡農園 <きまぐれコケコッコ通信>  

餌は道産小麦を中心に自家配合。着色料などの添加物、抗生物質やホルモン剤など薬剤不使用。安心と安全を積み重ねます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

がんばれワッシ~♪

もー何から手を付けたら良いのだろうか・・・。

ま、手を付けられるとこからボチボチやるしかないでありますね。

とは言え、今日は3/13。直近の仕事が山盛りです。
15日の早朝は近くの牧場でお仕事。カクテーシンコクは15日まで、ムスメの卒業式は15日、謝恩会15日、配達15日。ほんでもってヒヨコが来るのは16日。

決算これからです~、ショエ~。

最優先はヒヨコですよね~。入れる場所が無いでは始まりません。

古い床を出してキレイにしました。
ヒヨコの準備1

古い家屋の中をぶち抜いて育雛鶏舎として利用しています。
中は2部屋ありまして、奥にある6畳間が小さいピヨちゃんの部屋で、それ以外の18畳間が大きいピヨちゃんの部屋となっております。

2棟目鶏舎がまだ完成していないので、大きいピヨちゃんがまだここで暮らしております。
しかも、すでにピヨちゃんではなくてバンバン玉子を産んじゃってます~(汗)。。
ヒヨコの準備2
奥の6畳間の床を出しているとみんなで寄ってたかって邪魔してくれます。

トラクターのパケットに積んだ古い床をうまそうに食ってます。食うな。
でも、しっかり熟した床は土みたいなものだから美味いんでしょう。鶏は本能的に自分に必要なものがわかるみたいですね。土は微生物とミネラルの宝庫です。

で、いまだ育雛室にいる鶏たちに「はよせんかい」と怒られていますので、2棟目鶏舎の工事も急ピッチです。
向こう1ヶ月は優先順位の高い仕事が横並びになっているので、細かくて時間の掛かる作業は後回しにしてとりあえず鶏を入れれる状態にしてしまおうと、かなりつぎはぎな仕上がりとなっています。
つぎはぎ

空になったビニルハウス鶏舎のドアを移植しました。
建物本体とのスキマは廃材を打ちつけて塞ぎます。
トリにとっては住み心地さえ良ければ見てくれなんかどーでも良いので、ホントーは鶏舎なんてこんなもんで良いのですよね。小奇麗に作って満足するのは人間だけです。

ばーべきゅー2
で、これが小奇麗に作った1棟目鶏舎のドア周り。
やっぱカッチョイイですね。

でもこいつには、冬場に地面がしばれ上がって空かないという構造的な欠陥があります(笑)。。
それらもコミコミでそのうちカラダが空いたらボチボチ楽しみながらやって行きましょう。


ホントーは去年のうちに完成させるぞなんて言っていた2棟目鶏舎ですが、今何月?
でもやっとこさゴールが見えてきました!
これから内装
この広大な空間が細かく仕切られてしまうのはなんだか勿体ないような気がします。
いったい何のために作っとんじゃ!って話ですよね。

しかしながら木造トラス構造の美しさには惚れ惚れします。迫力がありますね。
よくこんなデッカイものをほぼ1人で作ったもんだと感心します!
ワシは凄い。


さてさて、一連の作業を早く片づけないと次の仕事がたっぷりと控えておりますです。
いったい何から手を付けたら良いのかノーミソが少々混乱し始めてます~。。

がんばれワッシ~♪ファイトだワッシ~♪


| 農園のこと | 07:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://coke2.blog38.fc2.com/tb.php/116-ad98c3b8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT