FC2ブログ

「コケ通」 自然卵養鶏 平岡農園 <きまぐれコケコッコ通信>  

餌は道産小麦を中心に自家配合。着色料などの添加物、抗生物質やホルモン剤など薬剤不使用。安心と安全を積み重ねます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今年のスタート!

灯油を使って暖房すれば、木こり仕事はなどという時間と手間の掛かる事はしなくても良いのであるが、薪ストーブの暖かさは捨て難いのであります。
それに冬の間灯油ストーブを使いっ放しとなるといくら要るんやろ~。10万20万くらいかな?

燃料を自給するという事も大きな意義があるのですが、キツイキツイと言いながら結局のところ木こり仕事は好きでやってるのでありますね。



はたらきものの息子はもう中学生。
もう中学生
残念な事に彼は入学式に出掛けておりますのでこの日はひとりで作業します。



さて、今日で勝負つけよう。
ゆきのはらのムコウにある「プーちゃんの森」にレッツらゴー!
木こり3-2

早くしないと雪が無くなっちゃう~と焦っていましたが、今年の春はまだ遠いみたい。
薪にする木はソリで運び出すので雪が無くなるとタイヘンなのです。



木こり3-5

ひとりでソリを引くのは結構キツイ。
うちの息子、よくひとりでやってたなあ。エライエライ。
特に上り坂は相当に疲れます。



木こり3-8
でも途中から娘が手伝ってくれたので大助かりです。
ムスメもエライ!(遠くに赤く見えるのがそうです)


森の中はとっても清々しく、ここに居て「なんか自分も自然の一部なんだなあ」と感じてシミジミするのが好きなんです。
うちの山なんてせいぜい1ヘクタールくらいしかありませんから調子に乗っていい木ばかりを切っていたらすぐに丸裸になってしまいます。
今年はどの木を倒そうか・・・と森の中を歩いているとまともな木を切るのが勿体なくなってきてね。
だから倒すのは大きく育った木を少しだけにして、他は出来るだけ強風で倒された木や病気などで立ち枯れかけている木などを薪にします。

寒冷地において冬の暖を確保するという事は即ちいのちをつなぐ事であります。

その一大事をですね、自分の力でなんとかするわけですけども、そういう営みを毎年繰り返しているとやっぱり人間なんてこのでっかい自然の中でそのおこぼれをちょこっと貰って生かされているのだなあと、とっても感じる事ができるのです。しみじみと。

これから春を迎える、北海道の本当の1年が始まるこの時期に「よっしゃ♪また1年がんばるぞ」とゆう気持ちが湧いてきます。
だから、次の1年間を生きる覚悟が出来るような、そんなカンジで大袈裟ではありますがそう言う事もあって木こり仕事は私にとって大切な仕事なのであります!

木こり3-3

お金を稼ぐことだけが仕事じゃないもんね!
自然はいろんな事を教えてくれます。

| 暮らす | 20:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://coke2.blog38.fc2.com/tb.php/126-c8dfb723

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT