FC2ブログ

「コケ通」 自然卵養鶏 平岡農園 <きまぐれコケコッコ通信>  

餌は道産小麦を中心に自家配合。着色料などの添加物、抗生物質やホルモン剤など薬剤不使用。安心と安全を積み重ねます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

黄身の色はココロを映す

市販のを産む鶏は、輸入トウモロコシを中心にした餌を食べています。
対してうちの鶏が口にしているものは、北海道で採れた小麦の規格外品が中心です。
なぜトウモロコシじゃなくて小麦なのかはまた改めてお話いたしましょう。

トウモロコシは黄の色素を持っていて黄色に反映しますが小麦にはその様な色素がありませんので、緑餌を与えなかった場合は白い黄身になります。ホントに真っ白です。
青草などの緑餌は見た目は緑色ですが黄身に移行する色素は黄色なんです。



うちの黄身の色もよく白いと言われるんですけど・・・。
生タマ
こんな感じです。とっても綺麗なレモンイエローですよね♪
白の「まとまり」も申し分ない♪


色を付けるために緑餌を与えているのではなくて、鶏が求める栄養素などを自然素材から摂ってもらおうと考えているから。鶏の健康を維持するために必要不可欠であるから与えているわけであります。


営業で訪れた飲食店の方から「色が出ない」
玉子のお客様から「色が薄い」

と言われる事がありますが「薄いのが気になるなら食紅混ぜたら濃くなりますよ」
なんていぢわる言ってみたら大体は「ええっ!?・・・そこまでしなくても」とビックリされますね。

そうですよね「そこまでしなくても」ですよね。その通りだと思います~。

日本の食文化は視覚的要素も美しく整えられていてそれは素晴らしいものでありますが、なにも素材の本質までねじ曲げてまで見た目にこだわる事はないですよね。


でもでも・・・。
世間一般的に現実はこんなカンジ。







はい、パプリカ色素ドン!
こだわり卵
<参考資料>

タマゴって親鶏の食ったものモロに反映するんですよ。これが。
ほとんどの消費者はコレを見て「スゴーイこの色~」と喜ぶらしいんですが・・・。

ワシら家族はテレビのグルメ番組なんかで「こだわりのタマゴ」なんてこんなのが映ると「うぉおおぉぉ」「ぐええぇぇぇ」「気色わる~」「なんじゃこりゃあぁぁぁっ」と、タイヘンな事になります。いったい何にこだわっておられるのか。。。。
素材の事も知らない料理人って多いと思います。

うちではこの様な黄身の色を指して「絵の具」と表現します。
作り手の好きなように染める事ができるから。
それにこのマットなねっとり具合はポスターカラーの原液そっくり・・・。

この色って必要?

これは別にパプリカじゃなくたって「食紅」でもいいんです。
だって合成着色料も「厚生労働省が」ちゃんと人間用として認可している食品添加物ですから鶏に食わせても良いわけですね。
ただイメージが悪いから「食紅使ってます」って言えないだけで。

でもパプリカなら「天然素材」だから、それをイメージアップにも利用出来るわけですね。

「鶏の健康のためにパプリカを与えています」
こう言えば聞こえが良いわけです。


パプリカ粉末はあくまでも「着色用」として製造、販売されている飼料添加物です。
緑餌として流通していませんのでこの売り文句は後付けと認識するよろし。

鶏の健康を考えるという事はそのタマゴを食べる人の健康を考えるという事です。
ホントに考えられているでしょうか?

売れるタマゴ作りが優先されて、全ての売り文句が後付けになってないでしょうか?


簡単です、黄身の色を濃くするのは。
毎日違う色素を餌に混ぜ与えること7日間、固ゆでにしたタマゴを半分に切ったらあら不思議!

虹色の黄身を作る事もできるらしい・・・。


もちろん青い黄身、黒い黄身、いろいろ出来るそうです。



いろんな飼料添加物が販売されています。

「ビタミンが何10倍含まれています」とかっていうのもビタミン剤からの移行です。
玉子とビタミン剤いっしょに摂ったら同じ効果が得られます(笑)。

どれも「消費者ニーズを反映して」「売れる」を手軽に作れるように開発されたものであります。

黄身の色を濃くするもの、黄を硬くするもの、卵白の盛り上がりを強くするもの、ビタミン剤、ホルモン剤、ミネラル製剤、抗生物質・・・などなど。

さらにそのひとつひとつの添加物にもさらに「酸化防止剤」などの添加物が使用されているので含まれる化学物質を合計すればどれくらいの数になるのでしょう。また、それらの化学物質どうしが結合してまた新しい物質も生成されたり・・・。ややこしや~。。




もうお気づきだと思いますが、色や栄養素がそれだけ簡単に移るという事は、有害な物質が入っていればそいつもしっかり移行するっていう事です。
食紅を食わせて赤くなったタマゴも、調理の時に食紅を混ぜたのと同じことであります。


どうですか?
そういうものを自分の子供や孫に食わせる事が出来ますでしょうか?

やれビタミンが何倍入っています、ヨードがどうのといううたい文句より、
「あれも、これも、それも使っていません」と、いう事の方がずっと大切だと思います。



うちの餌は余計なものゼロ。


私たちの働いた事実だけが玉子を彩ります。
だからうちの玉子はこれでないとダメなのだ!

玉子の黄身の色は私たちのココロの色を映しているのですね♪

| タマゴのはなし | 20:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://coke2.blog38.fc2.com/tb.php/141-87e78814

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT