FC2ブログ

「コケ通」 自然卵養鶏 平岡農園 <きまぐれコケコッコ通信>  

餌は道産小麦を中心に自家配合。着色料などの添加物、抗生物質やホルモン剤など薬剤不使用。安心と安全を積み重ねます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

赤とんぼ

今年の夏は・・・このごろなんか毎年ヘンな夏。。。
出足好調と思わせといて6月。ほぼ雨ばっかしの7月。草取りもろくに出来ずあきらめの8月。


始めてバイクで北海道に来たのは25年くらい前の7月下旬。
早朝、小樽に上陸して一路最北を目指す。

まだ7月、夏はこれから・・・という感覚の本州人には赤とんぼの群れは異様な光景だったなり。

でも、北海道に住むようになって実感しました「夏はお盆まで」。

7月の長雨は、まるで梅雨を思わせるほどに長く蒸し暑かったとです。
これに騒々しい蝉の声があればまんま本州なんだけど、北海道の蝉は夏の短さを知っているのか初夏の頃にほとんどの仕事を終わらせています。

私の育った、神戸を中心とした地域では蝉が季節の移ろいを感じさせてくれるのです。

ちぃ--------」にいにいぜみ。
じょわじょわじょわじょわ」あぶらぜみ。
しゃあしゃあしゃあしゃあしゃあ」くまぜみ。
「おーしっつくつくつくおーしっつくつくつく」つくつくぼうし。

自然の豊かな地域では
「みーんみみんみんみんみー」みんみんぜみ。
「きょきょきょきょきょきょっきょっきょっ」ひぐらし。

ひぐらしの鳴き声はまさに蝉時雨。こころ洗われます。

あぶらぜみとくまぜみが重なる頃は猛烈な暑さと騒々しさで目を覚ますのです。
うああああああっ暑いいいいいいいいっ!!!
朝から汗だく(汗)。クーラーなんか無い時代ですし・・・。

で、夏の終わりを告げるつくつくぼうし。。。

あああ、夏も終わりかぁ・・・と、寂しくなります。
赤とんぼ3
こんな感じの気持ちになった、ひっさしぶりに晴れたこの日はすっかり秋の気配なのでありました。

そんな感じの今日この頃、体が「食うな」と言っているのでホントはプチ絶食でもしようかと思ったんですけど思いとどまって減食をする事にしました。
減食15
なんせ食うのが趣味みたいな人間だし、多分絶食は続かないだろうと思って。
こないだのブログで紹介した東洋医学の治療院で習った正食の知識を基にテキトーに無理せず減食してます今日で1週間です。体が食うなと言ってる時は食わんでもいいんです。
ビールは飲んでいいと言ってるので飲んでます~。

玄米をこども茶碗1杯ていどに味噌汁、漬物。こんな感じを3食です。
減食12
これはうちで獲れたピーマン、茄子、じゃがいもの天婦羅ゴーカ晩めしです。

胃袋はすぐにちっちゃくなるので量の少なさにはすぐ慣れます。
食う量と種類を制限する事で内臓の働きを回復させようとしています。

でもこういう感じの食事をしているとすぐに飽きてしまいそうに見えますが、玄米をはじめとしてしっかり発酵した味の深いものを食べていますのでむしろそれぞれの味わいが際立って美味しいので飽きません。
かの北大路魯山人も普段の食事は質素なものであったと言います。
粗食少食は正食の基本であり、少し渇望するくらいの食事量が食べる事への感動と感謝を深めるのであります。

それに、中年以降は代謝も落ちてきますので若い時と同じく食べていると確実に身になって、しかもそれが落ちませんから、各種成人病を予防すると考えればちょっと良い食材に投資して、少しを大切に味わうという事をすれば皆んな健康度アップいたしますね。
無農薬の玄米や、「ちゃんとした」調味料など、もちろんうちの玉子もよろしくね♪
サプリメントやクスリなどを買う事考えたら、又は医者に通う事考えたら安いもんですね。

今の世の中、都会のサラリーマンのとーちゃんなんかはお昼300円で済ますとかデフレ上等的な食事をされる場合が多いと聞きます。外食で300円なんか本来有り得ない値段でんがな。
その節約、人生の後半戦で医療費に持ってかれるかも。(おべんと持参すりゃ余裕で300円でっせ)

子供の食事はさらなりね。

配達の途中に、街の「HっとMっと」の前を通りかかると小さい子供を連れて楽しそうに入っていく夫婦をよく見かけます。
すると、何とも言えない寂しさを感じてしまうのであります。

何年か前、最後に吉野Yという牛丼屋に行った時は、テーブル席に小さい子供連れのファミリーが居て楽しそうに食ってたな。時代が変わったんだねぇ。

ワシの場合、どういうわけかあったかい弁当屋とか勝負の早い牛丼屋などで食事をすると何とも言えないあと味の悪さを感じてしまうので(精神的な)、特に子供を連れては意地でも行かない事にしています。
ひとりでもよっぽど他に食うところが無い時じゃないと行く事もなかったけど、前述の吉野Yで見た光景が結構ショックだったので、それっきり行けなくなっちゃったのねん。

それにうちの場合は基本的に外食しないので、家族で外めしするなんてのは世紀の一大イベントであります故に、それはちゃんとした所でそれなりのモノを食らう事にしておるのであります。


小さい子供の食習慣は一生を左右すると言っても過言ではない。健康面だけでなくて精神面もですね。
食が乱れると高くつきます、だからおとーちゃんおかーちゃん、ホンマ気をつけなはれや~。

| 美味しいもの | 06:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://coke2.blog38.fc2.com/tb.php/162-4a7ffec9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT