FC2ブログ

「コケ通」 自然卵養鶏 平岡農園 <きまぐれコケコッコ通信>  

餌は道産小麦を中心に自家配合。着色料などの添加物、抗生物質やホルモン剤など薬剤不使用。安心と安全を積み重ねます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

私たちと子供たちの未来は。

お役人なんか本当の事は言いません。

テレビ局も大きな相手には立ち向かわない。



こないだたまたま見ていた情報番組で、街の人に今後原発が必要か?とインタビューしていた。

「もう今は電気がないと生活できない世の中だから仕方ないですよね」


福島でこれだけの大事故を起こしているのに「あれっ?」と思うくらいにさらっと言っちゃう。。。

東京電力も、政府も、保安院も。
本当に起こっている事は言っていないだろう、何が起こっているか彼らはわかっていないのかも。

だから一般の人にはどれほど深刻な事になっているかピンとこないのかも知れません。



20年くらい前、ダム建設反対運動に首を突っ込んでた頃がありました。

いくつかのシンポジウムや反対集会に参加して勉強していると、見えてくるのは「政治家、役人はどんな嘘でもつく」という事です。

何十年も前に計画された工事で、時間の経過によってその必要性が無くなっても、一度計画したものは何が何でも完成させる。理由なんか後でいくらでも用意できるのだ。

環境への影響評価を行うが、建設省の息の掛かった学者がずらりと並ぶから国に不都合な事は言わない。




大阪で参加したシンポジウムで、当時の社会党参議院議員の旭堂小南陵(現、旭堂南陵・講釈師)が報告していた事を覚えています。


「ある町にダム建設の計画が持ち上がっていますが国としては何とか世論の反対を避けてスムースに計画を推進したい。で、その地域に元々あるダムの様子がどうもおかしい。」

それで氏が調査した結果、夜間などの人目につかない時間帯を選んで住民にバレないように放水して水位を下げて

「ダムの水がありません、断水をしなくてはいけません。新しいダムが必要です」

と、やったのだそうです。

今も昔も体質は変わっていません。


忙しい毎日で、あまり自分から何かに興味を持って一歩踏み込んで勉強したりする余裕も無い。
だからマスコミや企業の言う事をそのまま飲みこんじゃう。

「エコ、クリーン、ヘルシー」こういう耳ざわりの良い言葉には注意が必要です。


原発の本当の怖さを知ることも無いし、今本当に起こっている事を知る機会があまり用意されていないのだ。
でも「原発は必要」というPRだけは十分になされています。
だから冒頭の街頭インタビューの様な事になるのだと思います。


原発も、ダムも、高速道路も、空港も、新幹線も、みんな同じ次元。
利権、天下り、わけのわからん役人特有の意地。
全てが無駄だとまでは言わないまでも、それらの中で本当に必要なものってどのくらいあるのでしょう。

日本の国土をいじくり回した挙句、借金までも・・・。
私たちが子供たちに残していくものが負の遺産ばかりで良いのでしょうか?

今、これから我々はどういう選択をして、どう暮らしていくのかという事を真剣に考えなければいけない時期だと思うんです。ひとり一人が考えないと国は我々の事なんか考えてくれません。

反対運動にかかわった事でそれだけはよくわかりました。

これだけの大事故が起こっているのにまだ計画中の原発を作ろうとしている。
その事が全てを物語っていますでしょ。



電力会社は大きな広告主なので民放地上波ではこういう情報は一切流さないです。
<ストップ浜岡原発>

上のサイトで紹介されている大前研一氏の解説を文字にしたもの。
<ニュースの深層、大前研一>

あと、原発問題で有名な広瀬隆氏の解説の文字起こし。
<ニュースの深層、広瀬隆-1>
<ニュースの深層、広瀬隆-2>


そして養鶏会の仲間が教えてくれた動画がおススメです。


(再生開始から16分以降が講演会となっています)

先日、札幌で行われた斎藤武一さんの講演会の映像です。
子供のいる人はちょっとショックかも知れませんが、我々が最低限知っておかなければいけない事だと思います。

ちょっと長いですが非常に分かりやすい内容です、時間を作って見てください。


本当を知れば、原発は必要ないという事がわかります。
この狭い国土で原子力を運用するという事は、永久に汚染事故の危険と隣り合わせで暮らしていくと言う事です。
そして、核廃棄物の処理もしなければいけませんから運用を続ければ続けるほどにリスクと汚染が増大していくのであります。

これこそ絶対に子供たちに残してはいけない、無責任極まりない負の遺産だと思います。
私たちと子供たちの未来をちゃんと一緒に考えていただけないでしょうか?

| 雑文 | 09:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://coke2.blog38.fc2.com/tb.php/260-73f85241

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT