FC2ブログ

「コケ通」 自然卵養鶏 平岡農園 <きまぐれコケコッコ通信>  

餌は道産小麦を中心に自家配合。着色料などの添加物、抗生物質やホルモン剤など薬剤不使用。安心と安全を積み重ねます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

はたらきもの

昨年の夏にうちで栽培していたデントコーン(飼料用とうもろこし)。もちろん農薬も化学肥料も使っていません。この土地に移った時に、これでもかと投入した牛糞堆肥と毎年施すうちの鶏糞でしっかり育ちます。そいつを茎も葉っぱも全部切り込んだものをトラクターで踏み込みながら中の空気を抜き、シートで密封して発酵させたものがデントコーンサイレージです。要するにデントコーンの漬物です。
冬の間、寒さに耐えるためのカロリーと、繊維にビタミン、ミネラルなどを補給できます。
冬の間も玉子を産んでもらうのだから人間もそれなりの見返りを与えてあげなくてはなりません。
自然卵養鶏なんだから、人間にとって都合のよい飼料添加物で何とかするのではなくて。
鶏ちゃんのごちそう♪
黄身の色もうちは着色料に頼らないので、冬場はこのデントコーンから移行する色素のみです。
市販されている卵は輸入コーン主体で、コーンからの色素と、さらにパプリカ色素などの着色料で黄身の色が作られています。食紅も「人間用として」厚労省が認可しているものですから鶏に与えるのも全然ありのようです。
安全性を考えれば、国産の穀物を主体に献立を考える事になります。つまり、小麦をメインと言う事になりますが、小麦には黄身に移行する色素がないので、夏場の青草や、冬場のデントコーンなどがないと本当に「白い黄身」になります。
うちの玉子の黄身の色も薄いと言われる事がありますが、一年を通して緑餌を確保するのは相当の労力を要しますので、この色は私たちの毎日の仕事を積み上げたものなのです。
自然な、きれいなレモンイエロー。
天然由来であろうが絶対に着色料など使わない。手抜きをしても色が出る魔法の粉です。

はたらきもの
はたらきものの息子が、サイレージ配りを手伝ってくれます。助かる~。
忙しくてなかなか遊びに連れて行けません。遊びに行きたかったらその時間はおまえが作りなはれ。と、いうわけで学校のある日でも毎日2~3時間、休みの日はほぼ1日仕事を手伝うのが普通になっちゃった。
だから本当は週1回まるまる1日を彼のために空けてやってもお釣りがくるくらい助かっているのだけれど、さすがにそこまで遊ぶわけにいきません。私も彼も魚釣りが好きなのですが、冬場は寒くてなかなか行けないので息子は口をひらけば「釣り行きたい~釣り行きたい~」と悶々としておるのです。
でも、そろそろなんとかしてやらないと息子が壊れそうになってきました。
いつもお仕事ご苦労様です~(感謝)!

| デントコーン | 05:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://coke2.blog38.fc2.com/tb.php/6-8f776f85

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT