FC2ブログ

「コケ通」 自然卵養鶏 平岡農園 <きまぐれコケコッコ通信>  

餌は道産小麦を中心に自家配合。着色料などの添加物、抗生物質やホルモン剤など薬剤不使用。安心と安全を積み重ねます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

筋トレ3。

ハウス鶏舎の時はホント大雪降ったら寝ずに除雪だもんね。

ハウス鶏舎

夏より冬の方が仕事も楽やし~・・・と、ヨメちゃん子供を神戸に行かせた1月半ば。

1週間ちょっとのひとり暮らしも順調でしたが、ある朝起きたら・・・(汗)
農協にカップ麺を買い込みに走って、あとは3日間ほとんど寝る暇も無かったよ。

除雪、鶏、除雪、玉子、除雪、トリ、除雪、タマゴ、除雪、除雪、除雪・・・。

翌日の配達に持って出る玉子をパックに詰め終わったのが夜中の2時とかで(泣)
ほんでチョット寝てまた除雪・・・からの繰り返し。

夕方、配達に向かったら白滝から出る道が全部通行止めね。
基本、這ってでも配達しますけどこうなったらどうしようもない。。。

暴風雪4-16

さて、あくる日。
大雪のバタバタは3日目に突入ですが、その日はみんなが神戸から帰ってくる日。
隣町へと続く道は依然通行止めでしたが逆方向、滝上から紋別に向かう道は開通したので、普段は20分で着く丸瀬布まで2時間掛けて走りました(涙)

配達が終わって女満別空港に着いたのは夜の7時半。
大阪からの便が到着してから実に4時間半もお待たせしちゃいました。
空港の食堂でラーメンを食って、ラーメンの味は憶えてないけど椅子にカラダがめりめりと沈んでいったのは憶えてます。

救いだったのは、帰りは白滝~丸瀬布間の通行止めが解除されてた事ですね~。
また紋別経由だったらチョット気持ちがもたなかったかも。

ヨメちゃんがボン(♂×5)を産む前に入院してたお正月も大雪で、1日2日は夕方まで除雪で3日になってようやくのんびり1日だけのお正月・・・という事も。
その時はムスメと息子がハウスの人力除雪を全部やってくれたのでおせちを持ってお見舞いにも行けました。

暴風雪4-23
頼りになるぜ。

最初の頃はド根性で、ひとりで何とかしてましたけど・・・。
コレずっとだとカラダもたねー。。。(汗)

ビニルハウス鶏舎は大雪と強風に滅法弱いの。

何年前になるか・・・温帯低気圧に変わった台風が日本海を北上してるうちにやる気を出しちゃって、宗谷岬沖を通過してからの吹き返しがね、ちょっと経験の無いくらいのスゴイ風で。

敷地内の木はバキバキ折れて倒れて、道路沿いの電線は火花を上げて落ちて行き、、、
上から巨人がハウスを押し潰そうとしているのが見えた。

俺、空に向かって吠え。
完全に壊される前にハウスバンドを切って回ってビニルを飛ばした。
妻面のビニルはカッターで切り刻んで風を通した。
言葉に出来ない無力感、喪失感。

結局はハウス6棟中2棟は使用不能となり、そこに居た鶏たちはなんとか無事だった他のハウスに移動させましたが、ハウスを復旧させるまでの間を定員の倍という過密状態で飼育する事になり、そのストレスと暴風の下にさらされ続けたショックもあるのかパタッと玉子を産まなくなって、尻ツツキでどんどん死んでいくし。。。

売る玉子が激減した上にハウスの修繕費もかさんで大変でした。
その時に、こんな死に金使うくらいなら借金してでもちゃんとした鶏舎を作ろうと、そう決意したのでありました。

こんな事が続けばお金もそうだけど、精神的にキツすぎます。

木造鶏舎

そんなこんなで始まった鶏舎づくり。
ここからが筋トレの本番です!

| 農園のこと | 07:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://coke2.blog38.fc2.com/tb.php/696-18f455ad

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT